ノートPCのメンテ 液晶蛍光管編(2)

Pocket

..ほんかくてきよ、ほんかくてき!..

はじめにというわけで、液晶の部分の外して、電源を入れてもう一回確認してみます。やっぱり液晶にデスクトップがうっすらと見えています。インバータの回路上のダイオードも点灯してるので、回路は動いているといってもいいでしょう。

ここで強制的に電源を落とします。(電源スイッチを数秒間押しっぱなしにすると落ちます…設定によるかもしんないけど)
カバーのはずし方は、ノートPCのメンテ(2)を参考にしてください。

液晶をはずすはずれた液晶ガイドレールをはずす
[液晶をはずす/はずれた液晶/ガイドレールをはずす]
サイドのネジを外して、液晶をカバーからとりはずします。カバーのネジを外したら、液晶ユニットについているガイドレール?をはずします。余計なネジ穴があいているので、不安な人は、はずすまえにマジックで印なんかつけとくといいかも。

液晶の裏側液晶の分解蛍光管が見える
[液晶の裏側/液晶の分解/蛍光管が見える]
液晶のユニットを分解します。分解するには、ユニットの周囲になるツメをもどして、ひっかかりをなくします。テープに隠れている部分もあるので、そこもはずします。はずす位置は、テープのでこぼこで判断します。剥がさなくて済む場所は、なるべく剥がさないようにするのがコツです。裏のシールの品番はどこかにメモしておくと、あとで役に立ちます。
はずれるようになったら、枠をとります。中身は、紙のようなものが何層にも重なっています。なるべく面にふれないように、はずします。全部はずすと、下の方に紙にくるまれた冷陰極蛍光管が見えます。

ゴムをはずす1蛍光管の接触部分テープをはがす
[ゴムをはずす1/蛍光管の接触部分/テープをはがす]
蛍光管を引っ張りだしてみます。両端にはゴムキャップが付いています。片方は簡単にはずれます。ゴムをはずすと、ハンダ付けの様子が見えます。これならなんとか自分でも加工できそうな感じがします。コードが液晶下部にガムテープで固定されているので、はずします。

蛍光管がとれた
[蛍光管がとれた]
インバータには、コネクタで接続されているので、それもはずします。写真のようにとれたら、OKです。
次回は、この蛍光管の長さを測って、蛍光管を買い出しにいきます。

カテゴリー: ノートPCのメンテ パーマリンク
おもろないいまいちだふつう…だまあまあだおもしろい (未評価)
※よろしければ、今後のために「おもろ指数」の評価をお願いします。
Loading...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です