ノートPCのメンテ 液晶蛍光管編(1)


..それってメーカの詐欺だよね..

例の「WJ4160Rたん」ですが、修理後4日くらいは正常に動いてました。が、電源入れっ放しで放置していたら、いつのまにか画面が真っ黒。強制再起動しても状況が変わらず。

動作音や、ネット上で他のPCから共有フォルダが確認できることから、起動はできていると判断。それに液晶に顔を近づけてよく見ると、うっすらデスクトップが表示されているようです。がんばれば、マウスの動きも追えます(角度とか合えば…角度とか…)。ということで、これは液晶が壊れた。という判断で間違いなさそうです。

で、だからといってどうもしようもないので、修理に出そうかとも思いましたが、この間、中いじっちゃいましたし、保証もないし、かなりの額になりそう…、それから期間もかかるみたいだし。ってんで「どうにかならないかしらん」とググってみました。

調べてみると、メーカーのサポートとは別に、液晶の修理サービスをしてくれるところがあることが判明。その他にも部品を売ってるところもあるし、液晶ユニットも売ってる。ちなみにオークションでも部品を売ってる人がいたし、わりと多くの人が同じようなことをしているかも…とさらに情報をさがす。

で、だいたい以下のポイントがわかりますた。
・インバータ(ライトを点灯させるための回路)の故障かもしれない
・冷陰極管(細い蛍光灯:通称バックライト)が切れたかも
・液晶(いつも見ているノートPCの画面)が壊れたかも

で、いろいろなサイトをめぐったあげく、「冷陰極管切れたかも」にあたりをつけて修理することに…。実際のところ、インバータの故障だと同じものを手に入れるのは大変そうなのと、液晶がこわれてたら、ユニットごと交換だし、交換してインバータもいかれてたとしたら、新しいのを買った方がいいくらいお金がかかるし。

だいいち、液晶は表示してるじゃん…うっすらと…。

ってことで一番お金のかからなそうな「冷陰極管(バックライト)の交換」をやってみることにしました。
「これでだめだったら捨てちゃおう」という覚悟をした上で。

参考にしたURL一覧(順不同):
液晶バックライト交換のメモ
Pismo:バックライト(冷陰極管)交換
バックライト
DynaBookのバックライト交換
iBookのbacklightの交換
TDK Science Museum: 不思議な中間物質
バックライト交換サービス
バックライト交換方法1
ottoのリスト
バックライト
パソコン修理専門店
バックライトの寿命は短い? / デジタルARENA
液晶バックライト用ペンシルインバータ
液晶自作専門店

といったところです。順不同にもほどがあるって感じですが、ざざっとね。
でも、読むと結構おもしろいですよ。
次からは、実際の修理に入ります。
いろいろなことがありました…ほんとにね…(遠い目)。

※前の記事でコメントをくれた人も、画面が赤くなってたようなので、いずれ同じような状況になるかも。でも、これは自己責任の度合いがかなり大きくなるので、参考にする人はそれなりに察した上で作業してください(一連の記事においても同様)。

カテゴリー: ノートPCのメンテ パーマリンク
おもろないいまいちだふつう…だまあまあだおもしろい (未評価)
※よろしければ、今後のために「おもろ指数」の評価をお願いします。
Loading...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です