ヴァナ・ディールでの暮らし


..白ポンチョ?..

ノートの記事もあと50枚写真があるので、やんなきゃなんだけど、とりあえずFFXIのメモなど。
ここまで3日間やってみました。まだなにも分からない状態なので、まとまってないけど、トピックをランダムにとりあげて記録します。

●英語キーボード設定だと苦労する。
もともとは職場で使用していたマシンなので、デスクのスペースをなるべく消費しないように(MacとWinを同時につかうので、キーボードが2個いる) HappyHakkingのキーボートを使っていました。で、そのままそれを接続していたんですが、マニュアルみながらFFをする際にはそれがアダとなって全然(移動にテンキーを使用したりするため)うまくいかないので、109日本語キーボードを引っぱりだしてきて接続。なんとか動かせるように…。
ちなみに、カード登録したり、キャラを作るまでは問題なかったっす。キャラを作ってログインしたとたんになにもできなくて自分のキャラがゲートで何十分も立ちつくすという状態に。

●知り合いがいるときは「パス」を発行してもらうべし
今回は、先輩と同じ場所でプレイするために、「パス」というものをメールで送ってもらってそれをキャラクタ設定の際に使用。普通はランダムに決められるので、あとから知り合いがFFやってることが分かってもいっしょにプレイできない場合もあるそうですよ。パスは有効期限があるので、いつ始めるのか決めてから、知り合いに相談ずべし。ちなみにパスの発行にはお金(ゲームの中で)かかるらしいっす、恐縮です。

ちなみに後日こんなサイト発見。
【自由にサーバーを選ぶ方法】
http://www.geocities.co.jp/MusicStar-Piano/5007/FF/freedomserver.htm
ちなみに、あちきはTitanというとこにいます。

●キーボードとマウスだげで操作するのはかなりきびしい。
慣れてないのもあるけど、結構操作大変だし、わからないときに教えてくれる相手も、コントローラー使ってる場合が多いから、パソコン版でプレイする場合でも、コントローラーを使用した方がいい。とのこと。
実際、コントローラーを使ってみると、直感的でわかりやすいし、楽ですわ。追加の投資としても2000円縲鰀3000円台で済むのでぜひ!
設定も変えられるので、ちょっとやってみて変更するといかも。私も初期設定ではなじまなくて、○ボタンと×ボタンの設定を入れ替えて使ってます。あと、アナログスティックの調整もしたかな。

●高解像度に変更
初日はデフォルトの設定でやってたんだけど、2日目はちょっと設定をいじってみた。設定は、プレイオンラインにログインする前に、設定変更ツールを使用して行う。
とりあえず、一番リッチな設定にしてみましたが、とくにストレスなく動いてます。解像度があがったので、画面にでてくる情報もじゃまな感じではなくなり、よろしいのではないかと。
ちなみに
【「FF11が動かないパソコン」で無理やりFF11を動かす方法】
http://www.asahi-net.or.jp/~tz2s-nsmr/adslgame/analyze/analyze.htm
こんなページをみつけてWJ4610Rたんで試してみたけど、古いペンチは動き、最新のベンチは動かない…という微妙な状況に。

●パーティ(PT)を組むと会話がらく。
会話は全員に聞こえる「叫び」モードから、特定の相手にしか聞こえない会話モードまでさまざま。いっしょに行動する人がいる場合はパーティを組んで、パーティーモードで会話する。色がかわるので、会話の見落とし(聞き逃し?)がなくなるのでらく。

●70000ギルのトレードはかなり大判ぶるまい。
あとから聞いた話だけど、わけもわからず、先輩からトレード(という機能)で70000ギル貸しということで、ゲーム内で使用するお金(単位:ギル)をもらった。この額は結構な大盤振る舞いらしいことをあとから会社で聞いた。なんでもはじめは50ギルくらいからはじめるらしい…。いつか返さなきゃな。
そんなこんなでバザーにいろいろ物資を調達に…。新大久保のドンキホーテにいくと、外人の女性とゴールドネックレスな人がいろいろな生活用品を調達してるが、そんな感じか?
バザーはオークション形式で、相場をみながら入札。とりあえず、魔法と鉢と種を買う。

で、このバザーの周辺で寝ている人がたくさんいて、なんか貧困でスラムな街的雰囲気だなと思ってたら、これらの人は、「寝バザー」というのを開催してる人らしい。寝ながら物品を売ってる人たち。そのうちの一人からハンバーガーを2個買う。これらの食物は狩りや冒険の際にいろいろ回復する際に必要なので買っておいた方がいいらしい。

●鉢と種を買って育てる、肥料はクリスタル。
自宅に戻ろうといわれて、地図のカギのアイコンのついた場所に移動。ここは休憩施設のようなもの。中に入ると、個室になっていて、部屋のなかにモーグリという生き物がいて部屋いろいろを管理してくれる。とりあえず、鉢と種をまく。肥料としてクリスタルが必要らしいけど、それらは狩りをすれば拾えるらしいので、買わなくてもいいとのこと。育てて収穫したものや、それを加工してお金を稼いでいくのだそうな。

●なんとかネットをかけてもらわないと働き損。
翌日、仮にでることに。レベルが低いので、装備などとくになく、短剣ひとつ装備して出発。ゲートのところにいるNPC(ノンプレイヤーキャラクタ)のところで、「シグネット」という魔法?をかけてもらう。これをかけてもらわないと働き損になるらしいよ。
で、狩り場へ。

なんか襲ってくるやつとそうでないやつがいて、襲ってくるのにつかまるとヤバいので、最初は出入り口のずぐそばで小動物の狩りをして地道に稼ぐのだとか…。ちなみにやばくなったら、出入り口を通って、街にもどれは、モンスターは追ってこないらしい。というわけでそへんをうろうろ。

なんか「ピクミン」みたいなのが歩いてるんですが、それがモンスターらしい。カーソルを合わせて(ターゲットする、タゲると略すこともある)で調べると、ちょうど良い相手とのことなので、早速「狩る」ことに。なんとなくかわいげな動物を短剣でグッザリいくのは最初ちょっち残酷だなあって思ったけど、一匹殺したあとはもうそんな感情なくなりましたよ。ゲームだし。その後は蜂っぽいのやら、足長うさぎっぽいのやらをザックザックいって、レベル3まであげました。

<img src="http://blog.
neuve.com/img/thm132_Gon041116043026a.jpg” width=”120″ height=”90″ alt=”蜂っぽいモンスタを狩る二人” class=”thumb” />
途中でピクミンになんかかけられて、頭からなんか生えかかったり、もたもたやってるので、他の人に獲物横取りされたりしましたっす。きびしいっす。
(写真は蜂っぽいモンスタを狩る二人)

●死んでたら、外人に話かけられる。
減った体力やなにやら、画面の右下にHPとMPのゲージがあって、これがなくなると死ぬ。これは、ヒーリングというコマンドで回復するんだけど、見た目は座ってるようにしか見えないので、「こうすると回復するよ」って言われて、マニュアルかさがしたらコマンドは「/sit 」。でも、これだとただすわってるだけで、ぜんぜん回復しない。ただしくは「/heal 」?らしい。キーボードからctrl+rか、アナログスティックをクリックで実行。

というわけで、調子にのってでっかいいも虫に攻撃しかけたら、すぐ死んだ。タゲってしらべたらうざぎとおなじ「強うそうだ」だったんだけどなぁ。死んだらホームポイントというところに帰るか、通りがかりの人に助けてもらうという2つの方法があるとのこと。なもんで死にながら会話(?)してたら、強そうな人が通りかかる。

強そうな人が通りかかる外人さんだったらしく英語で「生き返りたいの?」みたいなことを聞かれたので、「そうだけど、友達がホームポイントに帰るので一緒に戻る」というようなことを英語で返答、外人と暮らしててよかった。でも基本的な用語はタブキーで処理すると、FFXIのシステムで自動的に翻訳してくれるらしい。そりゃすごいな。

●お辞儀やらなにやらがまだおぼえきらん
そんなこんなで3日目は一人で行動。
レベルがあがったので、装備できるものを購入。釣り道具とかも買った。
伝統的な衣装貧乏ながらも精一杯の装備(写真は、使用前のタルタル族の伝統的な衣装:左、使用後のブロンズ系の防具とワラン材(板?)の盾装備:右)

スクリーンショットを撮ることを憶えたので、ミスラという種族のNPCのお姉さんと写真を撮ろうと同じ場所をぐるぐる回ってたら、今日2回目という人にまた英語で話しかけられた。

「おれ英語よわいよ」みたいなこと言われて「ミートぅー、おいら日本人」みたいなことをいったら、向うはドイツ人とのこと。こっちは夜中だから相手は子どもかな?って思ったけど、あとで調べてみたら、時差がマイナス8時間だから…日本は午前4時くらいだったので、ドイツは夜8時。うーんまっとうな社会人かも。逆にこっちはダメ人間まるだしだ。

そういえば途中から、けっこうレベル高そうなPC(プレイヤーキャラクター)も会話に入ってきて、その人は日本人っていってたから、彼もダメ人間だな。とりあえずその場で憶えたコマンド。

/bow お辞儀する
/wave 手を振る
/yes /no はい、いいえの動作をする
/goodbye さようならの動作をする

●おまけ
ミスラ姉さんのセクシーショット(写真は期せずして、セクシーショットとなったミスラ姉さんとのショット。)

次回は釣りの様子とパワーアップした狩りの様子など。

カテゴリー: FINAL FANTASY XI パーマリンク
おもろないいまいちだふつう…だまあまあだおもしろい (未評価)
※よろしければ、今後のために「おもろ指数」の評価をお願いします。
Loading...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です