超二流

Pocket

..缶コーヒーだと思ってミルクティー買っちゃったとき..

ツーカーの携帯で読める伊集院光氏のコラムで、「二流」について書かれていた。
おもにコロッケそばの立場について述べられているんだけど、そのなかで出てくる言葉が、「超二流」。
いい言葉だなぁ、これ。

器用貧乏を突き詰めていくなら、ここに行き着くかもしんない。
進んで選ばれるというわけでも、有名であるわけでも、定評があるわけでもなく、
「あえて選ぶならこれかな?」という感じで選択されるものを作っていく、
そんな立ち位置を維持する、
という生き方を誰よりも貫く感じ。

それって結局普通なんじゃ?という気もするけど普通じゃない感じ、の「もの」になる。

※今日はおでかけなのに「雨」ふってんなぁ…。台風じゃしゃーないか。とほほ。

カテゴリー: 仕事 パーマリンク
おもろないいまいちだふつう…だまあまあだおもしろい (未評価)
※よろしければ、今後のために「おもろ指数」の評価をお願いします。
Loading...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です