個人ログ分析ができる無料アクセス解析ツール

Pocket

..無料で使ってていいの?って不安はあるっちゃーある..

いま、仕事で個人ログ分析ができる無料アクセス解析ツール「エックスログ」というのを使ってます。
今年の四月から始まったサービスで、詳細は以下のとおり。

http://x-log.jp/
PVによる課金なので、100万PV/月までは無料で使えます。
解析の対象として登録できるのは、3サイトまで(有料契約により無制限になるらしい)
ログの保存期間は6ヵ月(有料契約により24ヵ月まで延長可能)
Googleのあれとも併用可能

ってな感じのツールです。
このツールの何が便利か?っていうと個人の動向を分析可能なこと。

なので申込みフォーム等でIPアドレスを確保することで、そのお客さんの購入までのページ移動の変遷が確認できる。これがほんとに助かる。経済の勉強とかしてきた人は、Googleのあれで全体の数字やらなにやをほにゃららの式でどうのこうのして、顧客のニーズにはこんな傾向があります!とかできるんだろうけど、こちとらそんなのわかんないから、お客さんがどう自分のお店に入ってきて、どの商品展示をがん見してて、何回目のご来店でお買い上げになったかってのは目で追えるのは非常にわかりやすくて推測も立てやすいし、説得もしやすいってもんですよ。

ただ、オプションを有効にした場合の月額の価格設定が微妙に高くて(うちのPVだと月5~6万になる)…Googleのあれで可能なら手間かかってもそっちでやろう…とか思うし、そういう指示がくるわけで…。月1くらいなら結構楽に稟議通るんだけどなぁ…って思うし、5月から8月にお世話になった前に会社にもおすすめしようと思うんだ…。惜しなぁ。

烏賊、具体的な使用例。

1.メールフォームから資料請求
2.メールに記録されたIPアドレスを元にX-Logで個人特定以下の情報を精査
・その人が何回目の訪問でコンバージョンしたのか?
・その人がどのページを回ってコンバージョンに至ったか?
・その人がどんなキーワードで来たのか?
・その人は広告(A8、YL、AW)経由かそうでないか?
・その人がどんな企業に勤めているのか?
3.A8経由の場合、経由サイトからAS会員を特定、以下の情報を精査
・閲覧ページと会員のバナー設置状況からコンバージョンの正当性を判別
・資料請求先への電話確認
・既定の手順で確認作業を行ったあと承認・非承認の決定

1日に何千件もコンバージョンのあるサイトなら別だけど、1日数件のコンバージョンのサイトの場合、かなり顧客の傾向とかサイトの改善のためのデータとか取れるんじゃないかと…。

まあ、専門にやってる人からみると、回りくどいことやってるなぁって感じなのかもしらんけど、とりあえず今のところはこれが精一杯なので。もっといろいろ情報知ったり、経験値つむともっといいやり方はきっとあるんだと思う。なぜならこのツールはあんまり注目されていないようなので(営業さんの話だとユーザーはそれなりに増えてるらしい)。

カテゴリー: サイト管理, ツール, 仕事 タグ: , パーマリンク
おもろないいまいちだふつう…だまあまあだおもしろい (未評価)
※よろしければ、今後のために「おもろ指数」の評価をお願いします。
Loading...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です