ワークショップに参加してきた(3)


..販売系の営業は軒並み全滅だって..

ということで、クリエイターが営業活動することはそれほどむずかしいことじゃないってのがわかったんですが、で、その相手の見てる自分をどう知るのか?っていうのが実習になってまして、要するにセミナーに参加しないと知ることはできないのですが…その実習方法ってのは…。

  • 出会って1時間程度の他のセミナー参加者に対して、どういう人に見えるかを思ったままポストイットに書いて相手に渡す

…というもの。確かにそうするととりあえず、自分がどう見られているか…わかりますな。ただ、自分の場合、普段あんまり他人に興味ないので、2パターンぐらいですぐにネタがつきてしまいました。他の人はなんかバリバリ書いてるので焦った私は「サッカーのポジションだったら」と「街でいうとどこらへん」という切り口で水増ししてその場をしのいだでした。等価交換って意味では悪いことしたなぁ…。(ちなみに1時間あまりの講義中に多少のやりとりや受け答えはあったので、ごくわずかな予備知識的なものは入っていたと思う…)


で、他の人が書いてくれた付箋の内容は以下のとおり(順不同)。

  • チェックの洋服をたくさん持ってそう
  • お酒の席があまり得意ではない
  • (食べる方の)マックが好きそう
  • コンピュータに強そう
  • 自分で組み立ててオリジナルのPDをもっている…何台も
  • メカなど特定のものに入れ込んでそう
  • 朝は弱そう
  • 仕事(クリエイティブ)には強い思い入れがありそう
  • 人当たりが良いけど実は毒舌で面白そう
  • 人に何かを教えるのが上手そうというか新人教育をいやがらない(いやがりつつもしっかりやってしまいそう)
  • もの知りそう…クイズ番組でかなりの問題に答えていると思う
  • やさしいお父さん・お兄さんのふんいき
  • 少しおとなしそう
  • 読書家…いろんなこと(少しマニアックな内容)を知っている
  • こまかいことをずっと気にしていそう
  • 困ったときに「大丈夫だよ」と助けてくれそう
  • 多くは話さないけど、最後に発した言葉が「おおっ」って感じ
  • 集中すると深い(だから興味のあることにはエキスパート)でも興味がないと全然知らないとか極端そう
  • じっくり話をすればするほど爆笑させられそう。ギャグが深いイメージ。

ほぼ全部当たってるような気がするんだけど、初対面の人にこれだけ見抜かれてるってことは…他人にわかりやすいのか…みんなが鋭いのか…どっちなんだ…。まあ、この年齢だと自分を着飾ったり、必要以上によく見せる必要性もないので…ってのもあるんだと思うっす。あと、いままで気にしなかったけど、まあ言われてみてなんとなく思い当たるフシがある…って項目もちらほら。他の人はズレのある人もいたみたい。よく知ってる知人にこれやってもらってもあまり意味ないし、この実習は結構貴重だったと思う(これで7000円は安かったかも)。

で、次の作業は「相手から見た自分の印象をカタチにしよう」ってことなんだけど、これがこの後、自分の営業ツールになっていきます。ってことで次回は「ワークショップに参加してきた(4)回覧板を作ろう」です。なんだこれ…連載化?

カテゴリー: 仕事 タグ: パーマリンク
おもろないいまいちだふつう…だまあまあだおもしろい (未評価)
※よろしければ、今後のために「おもろ指数」の評価をお願いします。
Loading...

ワークショップに参加してきた(3) への2件のフィードバック

  1. カズキ のコメント:

    おもしろいっす (^-^;
    楽しんで読ませてもらってます、このシリーズ。
    シリーズ?

  2. neuvecom のコメント:

    5時間のセミナーだったんでこれで約半分くらいっすなぁ。
    あと2回か3回でまとめるつもりっす。
    もう3記事以上になったらシリーズっていってもいんだろうな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です