マイナス金利政策

Pocket

..り、りろんはしってる ..

これまで長い間、ゼロ金利政策してて、もうこれ以上は打ち止めでどん詰まりなのかと思ってたら、そういうアイディアがあるらしいです。
ようするに現金を持ってると課税されるって政策で、税金とられるので銀行やらが気前よく融資したり、企業が内部留保を切り崩して設備投資したり雇用拡大したりってな感じらしいけど、派遣切りしてる大企業に33兆の内部留保があったり、日本の金融資産の8割を65歳以上の人が保有しているといわれている現在、ものすごく有効な臭いがします。

まあ、お金持ちの人たちで仲良くやってる政(まつりごと)なんで期待薄だけど…。
消費税率UPよりはマシなような気が…そのかわり、ターゲットにされる65歳以上の人は働かなくても暮らせるくらいの年金を死ぬまで支給…ってな感じで。ってこれって同世代で負担しあう…っていう例の高齢者医療負担と似たような考えなのかな…。

でもこれやると、親の年金で食いつないでる俺ら世代くらいやその下のニートがぬくぬく生き延びちゃうんだな…で、親がいなくなったらどうすんの?ってのは先延ばしに…まあ、それはそれ、そのときになったら考えればいいのか…。

その他にも、国債の担保を回収する観点からみてもこれらの政策が実行される可能性は高い…と思いたいけど、老人ばっかりの政府と経済界におんぶにだっこ状態の今の政府には無理だろうな…。この政策を実行できるのは…共産党?

カテゴリー: どうでもいいこと パーマリンク
おもろないいまいちだふつう…だまあまあだおもしろい (未評価)
※よろしければ、今後のために「おもろ指数」の評価をお願いします。
Loading...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です