shsファイルでデータがきた


..秘技、手動面付け!..

編プロから画像データが.shsという形式できた。いろいろ調べた結果、どうもWindowsのクリップボードのファイル?らしい。でもって以下の手順でDTPに利用できる形式に。

  • EXCEL等のオフィス系のソフトにドラッグ&ドロップして画像を表示
  • 画像をダブルクリックして編集モードに
  • 画像オブジェクトを選択してコピー
  • ペイントを開いてペースト
  • bmpで保存

でもなんでこんな形式?なにか便利なのか?これ。
開くのに異常に時間かかったし、ファイル容量でかいし。
マイクロソフトの独自仕様ってほんと意味不明。でもって迷惑。
ペイントで直接開ければいいのに。なにか深い理由があるんだろうか。
機密を保持する的ななにかとか。検索するとウィルスに利用されてるし。
MacOSだったら標準添付のツールで開けるようにしてるでしょ。
こういうの。

それともなにかおれの知らない特別なノウハウとかあるのか?
相手の編プロに聞いてほしいけど、営業さん経由でくるので、
そういうわけにもいかんし…。

気になる。それともおれの知らないところで活発にshsのやりとりが
行われているんだろうか…。おれが不勉強なだけで…。
「なにそんな手間かけてんの?」
みたいに思われてたらいやだなぁ。
フォトショップのいままで使ったこともないような形式で読み込んだら
すぐじゃん!とか…

カテゴリー: どうでもいいこと パーマリンク
おもろないいまいちだふつう…だまあまあだおもしろい (未評価)
※よろしければ、今後のために「おもろ指数」の評価をお願いします。
Loading...

shsファイルでデータがきた への2件のフィードバック

  1. ゆみねえ のコメント:

    カルチャーショックだね(笑)。
    shs形式、私も初めて聞いたっす。

    >機密を保持する的ななにかとか
    いま、セキュリティ関係のコンファレンスのパンフ作ってるんだけど、そんな形式使ってDTPデータ送ってくる会社ひとつもないなあ。

  2. neuvecom のコメント:

    たぶん普段はあまり表にでないデータ形式なんだろうけどね。
    被害妄想をふくらますのが楽しくてやめられない。
    万が一ってこともあるし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です