本屋スパイラル


..よく考えたら20年もこんな感じなんだな..

かんなぎ (5) (REX COMICS)

かんなぎ (5) (REX COMICS) [書籍]

著者武梨 えり

出版社一迅社

出版日2008年8月9日

商品カテゴリーコミック

ページ数180

ISBN475806105X

Supported by amazon Product Advertising API

メタボ治療関連の用事で高田馬場に行ったので、ついでの物色。いつも新刊買う地下に味のある喫茶店のあるビルの本屋には売ってなかった…。配本すらされてない感じ。既刊すらない…。しかたないので、別のビルに複数階占領してる本屋に移動。品そろえのいい上級者向けの本屋にいくと無駄に他の本も買ってしまうので普段は自重して、足を踏み入れないようにしているんだけど…。でもって、そこでもなかなか見つからない。見つからないのは当然で、なにかお店独自のサービスとやらで、作者のメッセージのコピーを一緒にビニールに封入してて、アマゾンでチェックした表紙のイメージで探してると見つからない仕様になってた。

でもって、必要以上にうろうろしてたので、週刊少年マガジンで連載中の「ベイビーステップ」の新刊が平積みになってて、「もう4巻もでてんだ~」って思ったら急に全部読みたくなったので、4巻を手にまた既刊を探してうろうろ…。その途中で「とある魔術の~」の2巻を発見。「そういえば、これの1巻が見当たらなくて困ってたんだ…(買ったはずなんだけど、行方不明)」ということで、これも買おうとさらにうろうろ。
結局ベイビーステップは2巻と3巻が別の段に分かれて1冊づつ棚に入っているという見つけにくい置き方されているの発見してとりあえず確保。その時点でベイビーステップの1巻なさそうだな…ってのは思ったんだけど、「とある魔術の~」の1巻は新刊の第2巻をどさっと平積みしてるので、いくらなんでもあるだろう…って思ってレジで聞いたら、3人ぐらいで探してくれたけど、「両方とも、いまありません」とのこと…。3人にすいませんって頭下げられて、なんだか「勝った…」って気がしてテンションが上がり、これはどうしても1巻を手に入れて帰らねば…という気分になって、周辺の本屋の位置の記憶を検索しはじめたりなんかして。

ベイビーステップ(1) (講談社コミックス)

ベイビーステップ(1) (講談社コミックス) [書籍]

著者勝木 光

出版社講談社

出版日2008年2月15日

商品カテゴリーコミック

ページ数207

ISBN4063639576

Supported by amazon Product Advertising API


とある魔術の禁書目録(インデックス) 1 (ガンガンコミックス)

とある魔術の禁書目録(インデックス) 1 (ガンガンコミックス) [書籍]

著者鎌池 和馬

クリエーター近木野 中哉

出版社スクウェア・エニックス

出版日2007年11月10日

商品カテゴリーコミック

ページ数168

ISBN475752157X

Supported by amazon Product Advertising API

19歳の時に1年間暮らした町だからそれなりの件数は浮かぶんだけど、もうなくなってるところもあるかなぁ…とか、でも最悪ま○がの森に行けばあるよな…でもあそこにいくと腐海の毒にあてられて気が付くと手遅れになってたりするからなるべくなら行かないようにしたいな…せっかく更生したのに…とか思いながらも、さっき入った本屋へゴー。ってなわけで、結局すぐに無事に両方見つけて、本屋スパイラルにはまることなく無事帰宅。

神保町に住んでた頃だと、ほかにも買っときたい本が目に入って、確実に本屋スパイラルにはまって、帰宅後に「どうすんだ?この本」って感じになってたところだけど…

・最近、読みたい本がなくなってきた…
・そもそも本を買う余力がない…
・それに、まず、家の中の本を何とかしないとだし…

とかいろいろな理由でそういうことも最近とんとなくなってきたなぁ。

ベイビーステップは最近マガジン本誌の後ろの方に掲載されるようになってるのでちょっと心配だけど(さらに今週号の巻末作者コメントが「アリ飼い始めました」の一行なのも気になる、これはこれで面白いけど…)、「まじめで成績優秀できっちりしたノートをとるので周囲からキモがられてる主人公がふとしたことからテニスをはじめて、そのノートをきっちりとる性格もあいまってテニスに嵌っていく…」という話。1巻の帯が松岡修造さんなのがある意味シュール。漫画もそんな感じ。主人公がまじめすぎてシュールな状況に…。ってな感じでおれは好きなんだけどな。夕方のアニメとかにしたら受けそう…って思うけど、子供のハマルヒーローってのともちょっと違うのかな。二宮和也さんとかで実写ドラマってのならありな感じもするけど…CGとか大変で無理か…。

かんなぎ(5)は家の近くの本屋においてなくて、アマゾンでほかの本と一緒に買おうかと思ってたんだけど、その本が8/29発売なくせに、その前から予約してたのに、なかなか発送されないし、でもページみると、すぐに発送とかいう表示になっててなんか「むかっ」ときたのでその場でキャンセルして、帰りにヨドバシで買ったので、あおりをうけてキャンセルされてて、高田馬場ならあるだろう…ってな感じで本屋にいったんだけど…。結局、勝ったのか?負けたのか?大きな本屋で1ゲーム勝ったけど、予定外のもの買ってるわけだし、6-1で試合には負けた?ような感じっすな。

※追記
マガメガ
http://www.shonenmagazine.com/works/babystep/

公式で最初のとこ読めます。これからおもしろいのに~ってとこで終わってるけど(´ー`)。

※追記
題名の「ベイビーステップ」というのはコーチング用語らしい。コーチングかぁ。

現在地から目標に向けて、段階的に小さなステップを踏んでいくことを、 コーチングでは「ベイビーステップ」と言います。

あんまり経営者とかには受けなさそうなキーワードだな…。

※追記
神保町といえば、転職活動の時に登録したエージェントが神保町の新しいでかいビルにあったなぁ。あそこ、取次ぎがあったはずなんだけど、だんだん変わってくやね。町は。
ご参考:
【ニコニコ動画】R.O.D -THE TV- 第3話 「神保町で逢いましょう」1/2

カテゴリー: どうでもいいこと パーマリンク
おもろないいまいちだふつう…だまあまあだおもしろい (未評価)
※よろしければ、今後のために「おもろ指数」の評価をお願いします。
Loading...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です