SereneBachからWordPressへの乗り換えメモ(3)


..なんか逃げてばっかりだな..

というわけで日時データをPHPで変換です。新規のテキストファイル(文字コードUTF-8推奨)に

<?php  $datelist = Array(

と入力して、あとエクセルの日時のシリアル値の列を全コピーして貼り付けます。改行の前に「,」を検索置換などして入れておきます。最後の行に

?>

として、「datalist.php」などとしてサーバーに保存。
次に、別の新規テキストファイルを用意して、

&lt;?php<br />
require("datelist.php");<br />
 <br />
for ($i=0; $i&lt;count($datelist); $i++){<br />
$values = $datelist[$i];<br />
echo date('m/d/Y H:i:s',$values);<br />
echo "&lt;br&gt;";<br />
}<br />
 <br />
?&gt;

として、「datacalc.php」などとしてさっきのファイルと同じ階層に保存。
ブラウザでアクセスして、表示された文字列をコピーしてエクセルにべったり張り付けて保存。


ここで、作業用の列を一時追加して、日時で並べ変えして

=IF(F1=F2,"■","")

など、上の日時セルと同じ値だったら■を表示する列をつくってチェック。時刻の重複があれば修正。同様にタイトルの列の修正もしておく。

さらにエクセル上で新規シートに必要な順番で必要な列を作成。

こんな感じで…整理。
タイトル、日時、カテゴリなどの列は

="TITLE: "&amp;MERGE_utf8!B1811

などとして、作成。
Movable Type型式の改行=セルの区切りという感じで作成。

ここでいったんエクセルを保存して、さらに、いまさっき整形したシートを洗濯した状態で、タブ区切りテキストとして別名で保存。
互換性だのなんだので2回くらいアラートでるけど、OKで。

ここから、テキストの整形になるんだけど、Wordpressの読み込めるテキストファイルの容量が2M(設定による)までなので、一応確認。基本的に大きなファイルをサーバで扱うのは不安なので、制限容量未満だったけど、300KBくらいになるように分割した(このあとの作業をする前に分割したほうが作業しやすいので…)けど、ここでは、分割したしないは気にしない方向で。

まずは、テキストファイル内の「t」や「n」など「」で検索し、適当なタグなどに置き換え(t→全角スペース、n→<br />など)。あと、読み込みする前にテキストファイルを検証。今回の場合に行った作業は以下のとおり。

  • タブを改行に置換
  • “がエスケープで””になっていたので””を”に置換
  • BODYのデータの頭に”が入っている記事があるので、BODY:(改行)”をBODY:(改行)に置換
  • 同時にBODYの末尾に”が入っているので、”(改行)—–を(改行)—–に置換

で、全部Winで作業しようと思ったけど、この検索置換の作業はOSXのmiで作業。Winで使ってるエディタのsakuraエディタでは複数行に渡る検索置換や改行やタブなどの置き換えができないため…。
なんかツール探せばあるんだろうけど、時間がないので、いつものやつで…。
今回なにも新しいことしてないな…。

というわけで、Wordpressの管理画面の管理タブのインポートから「Movable Type と TypePad」を選択して、ファイルを選択して、アップロードボタンを押して無事読み込まれたら終了。
アフィリエイトサイトとか、こんな感じでガシガシ大量に記事とかつくると効率よさげだなぁ。
って思った。

あとはWordpressの細かいカスタマイズのメモもそのうち。

カテゴリー: サイト管理 タグ: , パーマリンク
おもろないいまいちだふつう…だまあまあだおもしろい (未評価)
※よろしければ、今後のために「おもろ指数」の評価をお願いします。
Loading...

SereneBachからWordPressへの乗り換えメモ(3) への1件のフィードバック

  1. neuvecom のコメント:

    thickboxのプラグイン入れたら、本文のリストの表示が変になった…orz。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です