イチローがオールスターでランニングホームラン


..手と足を一緒にだすといいらしい..

イチローがオールスターでランニングホームランというニュースの解説を「とくダネ」でやっていた。いつもなら別にどうでもいいと思うジャンルのニュースなんだけど、なんでも今回の大舞台でのこの快挙は長年の研究の結果らしい。

かんたんにいうと、イチロー氏はかねてからベースランニングに関して、いかに速く回るかを研究していて、およそ常識的ではない方法ですばやくベースを回る方法を編み出していた…とのこと。

内容的には、通常の人が楕円で回るところを鋭角に回っている…で、普通に走ったら鋭角に回るのは逆にスピードのロスになるんだけど、曲がるところで、あえて左肩を入れる(左肩を前に押し出すことで腰は次の塁の方へ向く)ことでスピードのロスすることなくランニングしているらしい…。しかも全ベース走りきっても余裕なだけの体力トレーニングもしていたらしい。

まあ、たった一度のチャンスのために用意していた…っていうより基本をより細かく分析してチューニングしていった結果なんだと思うけど。なんかすげー。まさに「プロ」って感じ。

自分の仕事に置き換えてみて…ちょっと考えされられる話だったのでもメモメモ。

カテゴリー: ツール パーマリンク
おもろないいまいちだふつう…だまあまあだおもしろい (未評価)
※よろしければ、今後のために「おもろ指数」の評価をお願いします。
Loading...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です