自分で出来る年金額簡易試算


..最悪餓死だな…..

社会保険庁:自分で出来る年金額簡易試算

というページにてうろ覚えの記憶で試算。

65歳縲怐@年額 134万円
80歳までの年金額の合計 2624万円

60歳までに払い込むのが、30000円(いままでの平均にこれからの値上がりなどを考慮した値)×40年=1440万

うーん、まあ払い込んだ額に対して、
そんくらいもらえるなら…。ま、いんじゃね?

65歳からは月11万で暮らすのか…。
まあ、家賃とかはなくなってるはずだし…
ネットゲームでもやってればそんなにお金かからないか…。

ただ、これはあくまで口約束なんで、
どっかでルール変わって…ってなことになるんだろうなぁ…。
どこで折れるんだろうか、このシステム。

かといって、いま早急に解決できる策など示されていないわけで、討論とかみててもなんだかなぁって気がする。

有権者としては、傷口から血が噴出してるのをみて「とまらじゃないか!」とわめいてる人よりちゃんとした医師に投票したいわけで…。

まだまだ他人事だよね。

※追記

よくわかる国民年金
http://nenkin.shopping-square.com/

みたら、「平成19年4月から平成20年3月までの年金額は前年度と同じで、満額年792,100円」とある。月66,000円…。新聞配達のときこんなだったな。なんとかなるか?なるっちゃなるな…いや、家賃、食費がなしだったからきついか…。つか年金もらいながら働くのは反則なのか?(失業保険の時はNGだよね)
なんかよくわかんねー。いろいろと。

※2007/07/11追記
「とくダネ」で各党の年金政策に関する違いを紹介していた。それを見た限り、国民新党の特別会計を絡めてすべての透明性を確保してからどうたらこうたらってのが一番具体的だった…。うーん。Webは置いといて、一番まともなのか?あそこが。でも族議員が追い込まれた党って認識だったんだけどなぁ。

カテゴリー: 国家と私 パーマリンク
おもろないいまいちだふつう…だまあまあだおもしろい (未評価)
※よろしければ、今後のために「おもろ指数」の評価をお願いします。
Loading...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です