TinyVPN

Pocket

..む、無知ですぅ..

ふと思うところあってVPNをちょっと試験。実のところ、まわりでは結構構築してるような記事を読んではいたんだけど、あんまり必要とされていない環境にいたので、スルーしていた技術。

頭ではなんとなく仕組みを理解はしてても、実際にやってみないことにはなかなか実感できないもんで、なにが便利なんだろう…って思ってたんだけど、いざトンネル掘ってみるとちょっとカルチャーショック受けますな。これ。

今回はTinyVPNってのを使ってみました。hamachiというのもやってみたんだけど、Tinyの方はLAN-LANの接続ができるみたいなので…。

で、今回は家のマシンにVPNサーバーというか仮想ハブを設置。で、家のLANにブリッジを張って、会社のマシンからクライアント接続という形で構築してみまたじぇ。

家のLAN – ルータ – USEN光 – フレッツ光&nifty – ルータ – 会社のPC

という感じ。
結果。会社のPCから家のLANDISKとか見えてます。
ファイルのコピーもそれなりにストレスなく…。

なによりおどろくのが、家のマシンで起動してるiTunesの共有がきっちり見えていて、そこから再生しても音が全然途切れないこと…。
まあ、接続速度が20MBくらい両端ででてるので、一昔の10MLANより速度ではあるんですよねぇ。いまさらながら。

それから会社のマシンで起動してるiTunesからAirExpressだったかな?で共有してるスピーカーも認識できてる。まあ、会社のiTunesから家の風呂にあるスピーカーを鳴らしてもなんの意味もないんだけど、無駄にすごい。

LANDISK上の動画再生してみたら、途切れ途切れだったんだけど、これは家のマシンからでもそうだったのを思い出して(LANDISKはなにしても重い…)、いったんラジオサーバーの共有にファイルを移動してから再生してみたら、ほぼスムーズに再生できた…(作業しながらでも問題なかったし)。

なんにしてもすごいし便利かも。
多分、プリントもできるはず。まだ試してないけど。

あとは安全性だよね…。

※2007/05/23 追記
知り合いに接続してもらってテスト。
PCからLANDISCにファイルコピー中であるにもかかわらず、無線LAN端末であっても快適な速度。
全然問題なしだった。

カテゴリー: パソコン整備 パーマリンク
おもろないいまいちだふつう…だまあまあだおもしろい (おもろ指数[5.00]/1件)
※よろしければ、今後のために「おもろ指数」の評価をお願いします。
Loading...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です