発覚

Pocket

..ルパンを追っていたらこんなものを見つけてしまったどうしよう..

猪瀬直樹先生のメルマガより…
(青森県住宅供給公社横領発覚の経緯)

千田受刑者の横領した金額は14億円だった。盗まれたのは我われの血税なのだ。アニータがもらった8億円のうち、回収できたのは豪邸を売った7000万円に過ぎない。公社がもたもたしている間に銀行口座の名義が変更されてしまった。

そもそも住宅供給公社はなぜ千田受刑者の横領に気づかなかったのか。千田受刑者は公社理事長名の普通口座から預金を引き出すごとに「事務費振替支出」と金銭出納帳に記入した。振替支出ならば同じ額が、別の口座に入金されていなければならない。チェック体制がまったくなかった。

千田受刑者の横領が発覚するきっかけは2001年の9・11の米中枢同時多発テロ事件だった。公安当局が海外送金をチェックしたところ、南米チリのサンチャゴへ不自然な資金が動いている事実をつかんだ。

「テロ支援ではないか」

すぐ国税当局が公社の調査に入り、発覚。9・11テロ事件がなかったら、アニータはもっと巨額のおカネを手に入れていた……。

911のテロがきっかけだったとは…。
そういえば、ルームシェアしてたクリスティの来日もこの事件ですこし延期になったんだったっけ…。なにげに影響受けてた。
これはたまたま海外に送金してたから発覚しただけってことは、まだまだあるんだろうなぁこういうお話。一度はずしたタガを自分の力で矯正するのは難しいし、いったん麻痺した感覚ってそう簡単にはもどらないよねぃ。この界隈では依然、ババ抜き進行中ってとこかな。

カテゴリー: 国家と私 パーマリンク
おもろないいまいちだふつう…だまあまあだおもしろい (未評価)
※よろしければ、今後のために「おもろ指数」の評価をお願いします。
Loading...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です