Change Key

Pocket

..ゲッカン・ア・スキー..

昨日、CPU切り替え機を導入して、Win/Macを1つのキーボード、マウスで利用できるようになりましたが…、そうなるとやっぱり気になってくるのがキー設定?違いというかショートカットキーの設定が微妙に違うのでちょっと気になる。
まえはそんなに気にならなかったのに…。

で、とりあえず、入力モードの切り替えは、Pollux Program Labの「CmdSpace」というツールでとりあえず、問題は解決…。
Windowsキーとスペースバーで切り替えられるようになったんだけど、キーを押すタイミングでスタートメニューがベロって出てきてしまったり…するのがちょっと…という感じだったんですが、まあ、我慢すればいいかと思ってたんだけど、Macでいうところの、コマンド+Cやらのショートカット系の操作が、Winでは、Ctrl+Cとかなので、微妙に使いづらい…。
できればWindowsキーとかめったに使わないので、これをつぶしてCtrlキーにできないもんかなぁって探しだしたのが、

Change Key
http://satoshi.web5.jp/f_soft/dw_win.htm

似たようなのに、窓使いの憂鬱ってのがあったんだけど、シンプルなChange Keyで。このツールはレジストリを書き換えるみたいなので、ちょっと怖い部分もあるけど、いまのところ問題なく動いてる模様。

ちなみにこのツールで設定してCtrlキーを2回押しても画面は切り替わらない…。なんかあるのかな。なので、CG-PC2UVAMNと併用する場合は、本来のCtrlキーの設定は変更しない方がよさそう。

あと、CmdSpaceの設定は、Ctrl+Spaceで切り替えるように設定変更。

カテゴリー: 作業環境 パーマリンク
おもろないいまいちだふつう…だまあまあだおもしろい (未評価)
※よろしければ、今後のために「おもろ指数」の評価をお願いします。
Loading...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です