内視鏡検査

Pocket

結石の治療も大詰めということで、内視鏡で膀胱内をチェック。

石が詰まって痛いときはもうなんでもいいからなんとかしてくれ!って状態だったので、大事なところにカメラつっこまれようが、そのままチューブ装着して2日間、歩き回らせられようがどうってことなかったんだけど、いざ、なにも異常がない状態で、「この内視鏡を尿道に突っ込んでですね…」
というのはちょっと気が重かったんだけど、まあ、それなりに、べつに麻酔きいてるから感覚ないし。

結果はとくに問題なし。見事な空洞になってましたな。これであと10年は戦える!まあ、食生活はきをつけなくちゃいけないし、年4回の定期的な検診は必要とのこと。ま、もっともだ。

実際の検査のときの面白ネタとしては、機材の立ち上がりで聞き覚えのある起動音(M社系)がして弱冠不安になったり、一緒に内視鏡の映像みながらの検査なんだけど、先生がノリノリのカメラワークでぐるぐる画面が回るのでちょっと酔いそうになったってことくらいか。

しかしあそこに1.5cmの石があったとは…あの石(というよりイガイガした物体)の映像をみたときはなぜかウルトラセブンがちっちゃくなって怪獣と戦う回を思い出したよ(風船状のポリープもあったのでなんか安いSFのセットぽかったし)。

カテゴリー: mixi パーマリンク
おもろないいまいちだふつう…だまあまあだおもしろい (未評価)
※よろしければ、今後のために「おもろ指数」の評価をお願いします。
Loading...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です