パソコン整備士一級試験


..ケチャップパン!ケチャップパン!..

そういえば、もうじきなのでは?
まだ1年しかたってないのか…あれから…。

なんか過去記事の復活がまだ時間かかりそうなので、ここでメモメモ。
(もう間に合わないかもしれないけど。)

まず、実技。
一人に一台、起動していないパソコンがあてがわれるので、それを起動させて、試験官のサーバーへ接続していろいろします。
起動しない原因は、メモリがきちっとささってなかったりとかいろいろみたいです。何回か自作パソコンを組み立てたことがある人なら問題ないと思います。
で、ネットワーク接続なんですが、ここでもケーブルが「半差し」になってたりするので注意。で、まず一般ユーザーでアクセスして試験サーバーへアクセスして、

アドミンの情報を手に入れます(テキストファイルが置いてある)。で、いったんログアウトしてアドミンでログイン後、いろいろします。

問題を順番に解いていくとこれらの作業を自然に消化することになるんだけど、一ヶ所でつまづくとその次にすすめないので、きついっすな。起動しない場合は、試験官に「ギブアップ」をすると次のステップ進めることになってますが、この時点でアウトなような気がする…。

そのあとは小論文。800字?か400字で指定されたキーワードを入れ込んで文章を書きます。指定されたキーワードをもとに、自分のもってる知識を書いていけば埋まると思う。とくに明るい未来を提案したり、問題を定義して結論を導いたりしなくていいと思います。ただ単に事実をありのままに書いておけばOKなはず(出題によっては変わるかもだけど…)。

いつもワープロつかってると、漢字が出てこなかったりするので、手で書く練習とかしておくといいのかも…まあ、知ってる漢字だけで表現するという手もありますので、普通にしてれば問題ないのでは?

どうしても不安な人は、「大人のための文章教室」とか読んでおくといいかも。

といったところです。がんばってください。

カテゴリー: パソコン整備士検定試験 パーマリンク
おもろないいまいちだふつう…だまあまあだおもしろい (未評価)
※よろしければ、今後のために「おもろ指数」の評価をお願いします。
Loading...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です